Browser Image Compressionで画像をアップロード前に圧縮する[Javascript]

Browser Image Compressionで画像をアップロード前に圧縮する[Javascript]

どうもfujiharaです。本日は画像をアップロード前に圧縮できる BrowserImageCompressionをご紹介します。

インストール


npm install browser-image-compression --save
or
yarn add browser-image-compression

コード

以下が簡単な確認用コードになります。(react-create-appで作成)


import './App.css';
import { useState } from 'react';
import imageCompression from 'browser-image-compression';

function App() {
  const [image_url, setImageUrl] = useState('');
  const compressOption = {
    maxSizeMB: 1,
    maxWidthOrHeight: 1024
  };

  return (
    <div className="App">
      <form onSubmit={async (e) => {
        e.preventDefau<();
        const form = new FormData(e.target);
        const postForm = new FormData();
        const file = form.get('image');
        const compressFile = await imageCompression(file ,compressOption);
        postForm.append('image', compressFile, file.name);
        alert(`default_size: ${file.size} \n compressed_size: ${compressFile.size}`);

        // fetch postForm
      }}
      >
        <input name="image" accept="image/jpeg,image/png" type="file"
          onChange={async (e) => {
            setImageUrl('');
            if (!e.target.files[0]) {
              return;
            }
            const img = e.target.files[0];
            try {
              const compressFile = await imageCompression(img, compressOption);
              const url = await imageCompression.getDataUrlFromFile(compressFile);
              setImageUrl(url);
            } catch (error) {
              console.log(error);
            }
          }}
        />
        {image_url && <figure>
          <img src={image_url} alt=''/>
        </figure>
        }
        <div className='mod-button'>
          <button type="submit">送信</button>
        </div>
      </form>
    </div>
  );
}

export defau< App;

fujihara_20210304.gif

説明

ファイルを選択したときと、送信ボタンを押した時に圧縮処理が入っています。 圧縮時のオプションですが、最大サイズを1Mにし最大縦横を1024pxにしました。 まずonChange箇所です。inputが変わった時にまず imgタグに使用するsrcの初期化を行い、ファイルが選択されていない場合は終了。選択されている場合は 圧縮しURLを取得するとimgタグのsrcに入るようしています。 (表示された画像は圧縮後のもの)


          onChange={async (e) => {
            setImageUrl('');
            if (!e.target.files[0]) {
              return;
            }
            const img = e.target.files[0];
            try {
              const compressFile = await imageCompression(img, compressOption);
              const url = await imageCompression.getDataUrlFromFile(compressFile);
              setImageUrl(url);
            } catch (error) {
              console.log(error);
            }
          }}

次にformのsubmit時です。onChangeの時と同様に、通常ファイルを取得・圧縮して、 FormDataにアタッチしています。 (ファイルオブジェクトをステートに持ちたくないため、onChangeの時と圧縮処理が2重になっています) 今回は送信せずに圧縮前後でのファイルサイズをalertするだけになっています。


        e.preventDefault();
        const form = new FormData(e.target);
        const postForm = new FormData();
        const file = form.get('image');
        const compressFile = await imageCompression(file ,compressOption);
        postForm.append('image', compressFile, file.name);
        alert(`default_size: ${file.size} \n compressed_size: ${compressFile.size}`);

        //fetch data....

まとめ

いかがでしたでしょうか、これでユーザーがスマホの場合などに送信するパケットを抑えることができます。 今回設定したオプションは最大ファイルサイズ、縦横幅(比率を保ったまま圧縮)です。 他のオプションもあるので公式サイトで確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人にオススメ